歯磨きは楽しいと思わせたもの勝ち!子供の虫歯予防について考えよう

>

仕上げ磨きはできれば10歳くらいまではしてあげましょう

膝の上に子供の頭を乗せてしっかりと磨く

未就学児はもちろん、小学生くらいまでは、出来れば仕上げ磨きはしてあげたほうが良いでしょう。
赤ちゃんの頃は親が全面的に磨き、小学校に入ったら、子供に正しい磨き方を教えながら、最後に仕上げ磨きをしてあげると良いと思います。
そして仕上げ磨きの時は、膝の上にお子さんの頭を乗せ、お口の中がしっかり見える体勢にしてください。向かい合って何となく汚れているところだけ磨くのは、仕上げ磨きとは言えません。
その体勢では、結局奥歯の汚れが見えないですし歯ブラシも届きづらいので、あまり良く磨けないのです。
仕上げ磨きでするべきことは、奥歯の奥まで歯ブラシを当てて汚れを取り、子供が磨けていない場所はどこかをよく観察し、子供にその場所を磨くように意識させることです。
お子さんが小さい頃は丁寧に、段々とお子さん自身が1人で出来るように促していきましょう。

乳歯と永久歯が混合してきたら

乳歯が生え揃ってくるのは、個人差もありますが、大体2歳から3歳位になります。
この頃は、歯と歯の間に隙間があり、まだ歯も小さいため、普通の歯ブラシよりは毛先が三角の形になっている「ワンタフト歯ブラシ」がお勧めです。
お子さんは小さめヘッドの普通の歯ブラシで歯磨きをしてもらっても良いですが、それで綺麗に汚れをとるのは難しいため、仕上げ磨きでワンタフト歯ブラシを使うと良いと思います。
そして、永久歯が増えてきたら、歯と歯の間の隙間が無くなってきますので、フロスを使うことをお勧めします。歯と歯の隙間は意外と汚れがつまっており、そこが虫歯になってしまうことがよくあります。乳歯が抜けたら永久歯が虫歯になっていたということも有りえますので、歯と歯の間は注意して磨いていってください。


この記事をシェアする