歯磨きは楽しいと思わせたもの勝ち!子供の虫歯予防について考えよう

>

出来るだけ規則正しい食習慣を身に付けましょう

前歯が生え揃ってくる時期は要注意

赤ちゃんの前歯が生え揃ってくるのは、大体1歳頃になります。
そしてその頃になってくると、離乳食が増えてきて、お菓子も与えられるようになるため、食べられるものが増えてきます。
食べられるものが増えてくると、糖分を多く含んだものを食べる機会が増えますし、家族同士でスプーンを共用したりもすると思いますので、口腔内の状態は酸性に近くなってくると思います。そうなると注意したいのが虫歯菌の存在です。
生まれたての赤ちゃんには虫歯菌は存在していません。しかしそれでも2歳くらいから虫歯になってしまう子供がいるのも事実です。
実は乳歯というのは永久歯よりも歯のエナメル質が薄く、虫歯になりやすいという特徴があります。親御さんが虫歯にかかっていると、同じスプーンや箸を使うことにより、親御さんの口腔内にいる虫歯菌がお子さんに移ってしまうこともあるので気を付けてください。

規則正しい食生活を心がける

虫歯予防のためには、歯磨きは勿論ですが毎日の食生活の見直しも必要になります。
子供の機嫌が悪いからといって、ダラダラとお菓子や甘い飲み物などを与えるのはやめましょう。
口腔内が酸性に傾いている時間が長ければ長いほど、虫歯菌にとっては活動しやすい状況です。虫歯菌が活発に活動してしまうと虫歯になりやすいので、お菓子などの間食は時間を決めて食べさせましょう。
あとは普段の呼吸法も大切です。お話していたりお食事していたりしている時以外は、口は閉じて鼻から息を吸い込んだりはき出したりしたほうが、外からのウイルスや細菌も入ってきづらくなるので良いと思います。
口を閉じていると唾液の分泌量が増え、虫歯菌にとってはあまり居心地が良いところではなくなります。
虫歯予防には、歯磨きの仕方と食生活、どちらも必要不可欠と言えるでしょう。


この記事をシェアする